Q&A

瑕疵担保責任保険の延長は何年までできますか?

住宅瑕疵担保履行法により、住宅の主要構造部と雨水を防止する部分の欠陥について10年の義務化保険に加入しています。

お引渡しから10年までの保険料は建物の本体価格に含まれます。

9年目に保険会社より、保証延長と点検のご案内が届き、有料での点検と必要があれば修繕を得て、5年間の延長保険に加入できます。

さらに14年目にも同じ流れで10年間の延長保険に加入できます。

現段階では、このような手続きで最大25年まで瑕疵保険の延長をすることが可能です。

掲載写真はご説明用カタログの一部です。

こちらのカタログも差し上げておりますので、詳細や延長保険料等についてはぜひ営業担当へお問合せ下さい。

関連記事一覧